会社のサイトは継続する

|

コーポレートサイトは更新し続けることがキーとなる。

フリーランスのWEBデザイナーに発注することがいけないとは思わないけれど、
制作時以降のサポートを期待することはできない。
企業サイトは、キャンペーンサイトやランディングページと違い、更新や管理のしやすさがポイントとなる。

今日、一本のお電話をいただいた。
以前サイトリニューアルのお見積をご提案した企業さまからでした。
その時はご縁がなく、もう忘れかけていた頃でしたので、お電話でお話を聞きながら記憶を辿りました。
そうか、フリーランスのWEBデザイナーに依頼していたのか・・・
だとすると、弊社のお見積は高かったと感じだろうと。

今回の電話の内容は、更新作業が滞っているとのこと、保守管理をお願いできないか?とのことでした。
制作されたサイトはWordpressで制作されていましたが、
マニュアルも渡されておらず、
単純な更新しかできないとのこと。
新規ページの追加もできないと。
管理者用の情報など書面資料は一切ないとのことでした・・・

弊社がサポートするにあたっては、少なくともWordpressの管理者情報、
サーバ情報、プラグイン情報は欲しいところだと説明いたしました。

制作したフリーランスの方に、メールと電話をしていただけるとのことでしたが、
今までの実績では、折り返しの連絡が来るまでにかなりの時間がかかると。

初期制作の段階でのお見積でどれほど差分があったかは不明ですが、
キャンペーンサイトやランディングページのように期間のあるコンテンツはフリーランスでも良いのですが、
コーポレートサイトはやっぱり法人格のあるWEB制作会社に発注すべきだと思います。

マイホームを流離の大工に建ててもらうようなものです。
(リスクが高いですよね)

20210218.jpg

カレンダー

アーカイブ

ブレイン&トラストのブログオリジナルデザイン作成サービス
林順和サーフブログ
竹島宏 オフィシャルブログ P64Diary