トップページ > 2019年12月

|

[どこどこJP]はご存知でしょうか??
https://www.docodoco.jp/index.html

インターネット黎明期と言われる2000年に創業した会社が開発したツールです。弊社も以前から交流を持たせていただいておりました。
いまは、MAツールに搭載されていることが多い、企業IPによる企業名判定をするツールです。
MAツールにはたくさんの機能があり、ツール自体を覚えることが多く、月額費用のややお高めとなっているが、[どこどこJP]はものすごくシンプルで安価。

1.フォームまでは到達していないが、自社サイトを閲覧している企業名が分かる

2.製品ページに、どの会社がアクセスしているかが分かる

3.お問い合わせをした会社がどのページを見ていたが分かる

お問い合わせフォームに入力してくださる企業はアクセスした企業の10~15%前後。(BtoBの場合)
残りの90%のアクセスについては不明となってしまう。
この残りの90%の中に宝が埋もれていることに気づくことが出来ます。

----------------
例:お問い合わせフォームに入力いただいたお客さまへ
導入前:営業から一度ご担当者へお電話して、お問い合わせ内容を聞き、再度ご連絡。
導入後:お問い合わせフォームに到達したお客さまの閲覧履歴の情報があるため、お問い合わせ内容や知りたいことを事前にご用意して、電話をすることができる。

ユーザービリティがアップすることが出来ます。
社内の営業マンもゆとりをもってお客様対応が可能となります。

----------------
例:予期せぬ業種からのアクセスが同じ製品ページにアクセスしている
導入前:情報として得ることが出来ていない
導入後:なぜ、この業種がこの製品に興味を持っているのか市場調査をした。調査の結果、ある仮説が浮かんできた。仮説に基づき、WEBページ改善。SEO対策をする。

社内で予期していない業種へのアプローチが可能になり、ビジネスの幅が広がりました。


[どこどこJP]でビジネスを活性化することは、社員の士気も高まる!そして、売上アップにもつながる!
WEBから取得できるデータは宝の山です。社内共有し、様々な角度からイマジネーションを広げていくことが大切です。

20191211.jpg

カレンダー

最近のブログ記事

アーカイブ

ブレイン&トラストのブログオリジナルデザイン作成サービス
林順和サーフブログ
竹島宏 オフィシャルブログ P64Diary