相手を低く見る

|

コンサルティングの仕事をしていると、いろいろな人との出会いがある。
先日お会いした人は、久しぶりに出会った残念な人でした。

仕事をする上で、ストレスなく進めていくためには、お互いに情報をオープンにして、共有すべきだと思っている。
相手が理解できない場合でもである。(補足をしてあげれば大抵のことは理解できるはず)

CMSツールを導入して、WEBサイトをリニューアルするクライアント様のコンサルティングをしている時の出来事でした。テストアップをしたサイトの最終確認という打ち合わせに立ち会わせていただきました。
確認したサイトは、デザインにおいてもナビゲーションにおいても未完成でした。また、誤字脱字も目立ち、確認レベルではなかった。案の定、クライアントからは厳しい指摘を受け、回答は「調整中でございます」のオンパレード。
個人的な見解からすると、CMSツール更新画面を開放すれば済むことも多く、なぜ管理画面を公開しないのか??すごく疑問が残ったので、打ち合わせ終了後に、早めに更新画面の公開をして、各自でデータ入力ができるようマニュアルの提出を提案しました。

その方は、私の提案に対して、
「HTMLもわからない人たちに、公開しても混乱を招くだけですから」
「全体像は私が知っていればいいんです」
「デザイン案がクライアントからの指示で制作しておりますが」

と、と、と、久しぶりに開いた口が塞がらない状況になりました。

え~っと、CMSツール導入時に「HTMLなどWEBコーディングの知識がない方でも簡単にサイト更新が可能です」だったような・・・・
クライアント様も私もCMSツール導入については、クライアント側の運用作業増加が見込まれるので二の足を踏んでいました。そこを押し切った本人が、「HTMLのわからない人たちに」とは・・「分からない人でも簡単に」が決め台詞でしたよね(^^;)

そして、クライアント様を低く見すぎでは???簡単なタグであれば、マニュアル記載でクライアント様は理解可能ですよ~

自分たちだけが出来る人で、クライアント様は出来ない人との決めつけはいけない。ましてや、相手とのコミュニケーションせずに、知識レベルを勝手に低く見ることは悪だと思う。
世の中、自分たちよりも優れている人は沢山いる。クライアント様の中には、好奇心旺盛で自分でいろいろ勉強している人もいる。

まして、CMSツールを根底から覆すその言葉は・・・決してクライアント側の人に言ってはいけない言葉。

同業者として、今回は怒りを通り越して、悲しい気持ちになりました。
まだまだこういう方っているんだな~って。

20180920.jpg

カレンダー

アーカイブ

モバイルサイト

ブレインアンドトラストからのHappy Blog BT
上記バーコードをケータイで読み取ってアクセスしてください。ケータイの機種によってはご覧になれない場合もございます事、ご了承願います。
 
 
株式会社ブレインアンドトラスト
ブレイン&トラストのブログオリジナルデザイン作成サービス
 
日本ビーチテニス協会 JBTA 公式サイト
Masa's Matter(社)日本ビーチテニス協会 会長 山田眞幹 公式ブログ
熊倉美咲のKUMABLOG
林順和サーフブログ
竹島宏 オフィシャルブログ P64Diary