自信と過信

|
人が成長する上で【自信】は、ものすごく大切なエッセンスです。ですが、自信を過ぎて【過信】になると、大きな過ちを犯してしまいがちです。

物事で過ぎることは、危険です。仕事をやりすぎる、頑張りすぎる、自信を持ちすぎる。
この曖昧な感覚がつかめない人は、失敗をする確立が高いと思っています。

仕事を頑張りすぎることは、いけないことなのか?
一生懸命やりすぎることが、いけないことなのか?

いけないことは無いけれども、その分、真っ直ぐになってしまい、余裕がなくなってしまう。
自信を持ちすぎて過信になっていることに気づかない人もいる。

周りをみて、余裕を持って。

一呼吸おいてみる。

見えないことが見えてくる。本当に何が必要かがわかってくる。
自信を持つと言う事は、そういうことだと思います。
常に謙虚に自分の価値を判断しながら、自信を保つ。

自信を持続しようと思えば、自ずと日々努力を怠らず、謙虚な姿勢でいられると思う。
自信がある!で終わりにしないで、自信を持続し続ける力があることに美学を感じてほしい。

カレンダー

アーカイブ

ブレイン&トラストのブログオリジナルデザイン作成サービス
林順和サーフブログ
竹島宏 オフィシャルブログ P64Diary