クラウドコンピューティングEXPO

|

クラウドコンピューティング・・・・いまが旬なのか、スゴイ人でした。
ハード系の出展が多く、そのハード利用のアプリケーションソフト系がその次くらいでした。

ハード系(レンタルサーバ/データセンター)の比較資料集めと各社のメリット・デメリット。そのハードを利用したアプリケーションソフトの調査が主な目的でした。

最初に、GMOホスティングアンドセキュリティにご挨拶(いつも良くしていただいております)。
新サービスの【True CLOUD】 について、今後の利用方法などを詳しくお聞きしました。

その後、ニフティ/富士通/さくらなど各社のブースに寄り、説明と資料を頂きました。やはり、それほどの大差はなく、あくまでもハード(箱)。ただ1つ気になることは、ほとんどのサーバが従量課金制。

クラウドの特徴的な部分ですが、現状のサーバ費用を予算化されている会社が多く、この従量課金をどう受け止めてくれるか?基本料金のみ予算計上することはなく、あくまでも今までと同じ予算計上をして頂き、様子を見ることになるのではないのでしょうか?

今までレンタルサーバ業界は、低価格競争を繰り広げてきました。
なので、今回のクラウド化でも、低価格になるのでは・・・と思われているクライアント様がたくさんいます。このご時世なので、低価格に越した事はないと思いますが、今回のクラウド化については、低価格をあまり打ち出さずに、高機能/高性能の部分をクロースアプしていく形式になっています。

クラスド化すると低価格になるのではなく、機能アップする。
で、問題は、機能アップということは、利用する側にもそれなりのスキルを求められると言う事です。今までとは違った利用をすることにより、今まで出来なかったことが出来るようになる。利用するユーザーも柔軟な気持ちで導入して行くことが大切だと思っています。

また、弊社のようにサーバを運用管理する企業にとっては、クラウド化は物凄くメリットがあります。サーバ設定で自動的にメモリ/容量アップ・ダウンしてくれる。余程のネットワーク障害でない限り、サーバダウンすることはなくなります。運用管理する担当者が精神的な苦痛から開放されることは間違いが無いと言えます。なので、クラウド化は大賛成なのですが・・・・年内導入はテスト用のみ。本格導入は、来年以降になると思います。

とりあえず、クラウドコンピュータでのアプリケーションソフトの開発及び提供が出来るよう頑張ってみたいと思っております。

時代が大きく変わると言われている【クラウドコンピューティング】

今後が楽しみです。

カレンダー

アーカイブ

ブレイン&トラストのブログオリジナルデザイン作成サービス
林順和サーフブログ
竹島宏 オフィシャルブログ P64Diary