柳に風折れなし

|

柳橋の柳が隅田川からの風にそよいでいる風景が好きです。

【柳に風折れなし】
柳の枝はしなるので、強風が吹いてもで枝や木自体が折れることはない。柔軟なもののほうが、剛直なものより、かえって持ちこたえるというたとえ。 

柳はどんな強風に吹かれても、その状況を楽しんでいるかのように、しなやかに美しく揺れています。反対に、強い大木は強風に負けじと力一杯風を受け止め、最後には根ごと倒れてしまうことがあります。

強い心を持とうと努力する事も必要ですが、私自身は柳のようにしなやかに物事を受け流せる柔軟な心を持ち続けたいと思っています。

頑張って、頑張って、折れてしまう心よりも
しなやかに流れにまかせて、耐え続けられる心

ブレインアンドトラストのオフィスは、そんな大好きな諺を、いつも思い出させてくれるような【柳橋】にあります。

カレンダー

アーカイブ

ブレイン&トラストのブログオリジナルデザイン作成サービス
林順和サーフブログ
竹島宏 オフィシャルブログ P64Diary