WEBサイト(ホームページ)の役割

|

WEB制作/コンサルティングの仕事をしていて思うことがあります。

企業にとってWEBサイト/ホームページの役割。

数年前までは、WEBサイト(ホームページ)を公開している事がステータスだった時期もあります。この時期は、デザイナー主体でイメージ中心だった感じです。
しかし、現在はと言うといろいろな角度から戦略的にWEBサイト(ホームページ)を活用しようとしている企業が、多く存在します。活用しようとしている多くの企業がSEO対策などを検討しているのではないのでしょうか??

私自身、SEO対策に多くの費用を支払うより、紙媒体はもちろん多角的にWEBサイト(ホームページ)の認知度を上げていく手法が得意です。もちろん、SEOを否定しているつもりはありませんが、そればかりに頼る事は良くないと思っています。

WEBサイト(ホームページ)は企業にとっての一つのツールでしかありません。もちろん、映像も紙媒体もそして一番大切な人材も。企業が成り立っていく為に、必要なものの一つに過ぎないと言う事です。そして、この一つ一つが+αのPOWERを生み出して、企業が大きくなると思っています。

**********************************************
きちんとしたWEBサイト(ホームページ)を制作する。
その企業のアピールポイントを探して、各ツール(映像/紙媒体など)との連携をとる。
クライアント企業で働いている人とのコミュニケーションをとる。(担当者以外とも)
一歩距離をおいてクライアント企業の同業者や利用するユーザーの目線でみてみる。
etc・・・・・
**********************************************


WEB以外の提案をすると、クライアント様から驚かれる事がありますが、これが私の方針なのでご理解を頂いております。

そして、良いWEBサイトを制作するのではなく、クライアント様の最大のアピールポイントを如何に引き出して表現するか??
この事に全力を向けてWEBサイト(営業ツール/戦略ツール)のご提案をしております。
 

カレンダー

アーカイブ

ブレイン&トラストのブログオリジナルデザイン作成サービス
林順和サーフブログ
竹島宏 オフィシャルブログ P64Diary