|

WEBサイトの制作費用ってどのくらいが相場なんですか?

取りあえず、お見積をください。

今のサイトと同じボリュームなので、お見積お願いいたします。

で、お見積提案をすると・・・
もっと安く出来ませんか?????

こういうやり取りは、嫌いです。


ホームページを依頼されるときは、たいてい予算がある。と確証しています。

洋服を買いに行くとき、
ご飯を食べに行くとき、
旅行ツアーを申込むとき、

絶対に予算ってあると思っています。
最初に予算を伝えるとその金額でのお見積が出てくるので、嫌ですということも十分に理解しておりますが、やはり予算が無いのに発注は有り得ない。そんな有り得ない状況に真剣なお見積は出来ません。

おおよその価格帯を知りたいのであれば、ネットで検索すればいくらでも確認が出来る。その状況なのに、お見積だけお願いしますは無いかな~と思っております。

まして、リニューアルとなれば・・絶対に機能アップなど、今のサイトと同じではないと判断しています。

ご希望・お打ち合わせ後のお見積であれば、ご提案を含めて喜んでさせていただきます。是非、そんなお見積依頼をお願いいたします。

20171017.jpg

|
WEBサイト制作において、クライアントを理解することが一番だ。

デザインがすごく良いからとか、
費用が安いからとか、
実績があるからとか、
システムに強いから
大手だから

そんなことよりも、如何に自社を理解してくれる姿勢があるかで、制作会社を選んだ方が良いと思う。

今まで制作会社の営業をしてきたからわかる。(まだしていますけど)

コンペをすることも大切だけど、コンペで勝ち抜くためだけに一生懸命になる制作会社よりも、自社を理解して制作してくれるところが一番良いと思う。

企業のWEBサイトは、一時的なものではないから・・・
※ブランディングやLPなどは別ですが。

リニューアルした今が一番良い状態になるのではなくて、常に良い状態を保てるようなサポートをしてくれる制作会社が求められている。最近、もの凄く感じることです。

どこか良い制作会社はないかな??
探している企業が沢山います。

ご紹介を頂くたびに、嬉しく有り難い反面、業界的には少し残念な気分になります。
そして、クライアントを理解すること、想像することを肝に銘じてお仕事をしようと思うこの頃です。

20170721.jpg


|
初心忘れべからず

最近、特に感じることが多いこの言葉。
WEBに関するご相談で、一番多いのは

「どんな施策が一番良いのか分からない。」

確かに、いろいろなWEB施策が多すぎて、選択する側は何が一番良いのか戸惑うだろうなと・・・

WEB業界にいる人たちでさえ、すべてを網羅できるかというと???
これが、1企業のWEB担当者もしくは広報担当になると、その苦労は大変なものだろうと思います。

でも、そんな中で一番忘れてはいけないのは、[WEBサイトの目的]

ここさえ、きちんと忘れずに気に留めておけば、WEB営業がいろいろな施策を勧めてきても、きっちりと判断できると思っています。また、今のWEB営業担当者は無理に勧めてくるような輩はいないはずです。

「うちのWEBサイトの目的は認知度アップなのか、売上アップなのか」

はっきりとさせておくと良いと思います。どちらもというサイトもあるかもしれませんが、より重要な目的を優先させることが大切です。

20170712.jpg


カレンダー

モバイルサイト

ブレインアンドトラストからのHappy Blog BT
上記バーコードをケータイで読み取ってアクセスしてください。ケータイの機種によってはご覧になれない場合もございます事、ご了承願います。
 
 
株式会社ブレインアンドトラスト
ブレイン&トラストのブログオリジナルデザイン作成サービス
 
日本ビーチテニス協会 JBTA 公式サイト
Masa's Matter(社)日本ビーチテニス協会 会長 山田眞幹 公式ブログ
熊倉美咲のKUMABLOG
林順和サーフブログ
竹島宏 オフィシャルブログ P64Diary