トップページ > Book

|
またまた感動の一冊に出逢いました。
【あの一瞬・・・アスリートはなぜ「奇跡」を起こすのか】

マラソンの瀬古さん、ソフトボールの上野さん、柔道の山下さんなどの取材ドキュメントが丁寧に綴られた一冊です。あの勝負場面での、各アスリートの心情と葛藤が手に取るようにわかる本です。

アスリートはなぜ奇跡を起こすのだろう
私たちはなぜスポーツを観るのだろう
そして、彼らを観てなぜ感動するのだろう



マラソンの瀬古さんから始まるこの本の内容は、まさに感動そのものです。電車の中で読んでは泣けてくる・・・ランチのお店で読んでは泣けてくる・・・どこの場面を切り取って読んでも、熱い想いがこみ上げてくる。
ドラマチックな本当の出来事。

そして、最後の締めくくりにあるこの言葉は、ビジネスをする上でも、生きる上でも大切な言葉だと思います。

人は、倒れるたびに必ず「起き上がる」ことこそ貴い  

まさにこの通りだと思います。
失敗や挫折を経験しない人はいない。
してもいい、でもそのことで嘆き、悲しむのではなく、必ず起き上がり、新たな挑戦をしていくこと。
この熱い強い情熱を持った気持ち。「気迫」

そして、もうひとつ「感謝」
「自分ひとりではとても戦い抜けなかった」この言葉にあるように、必ず彼らを支えてきたたくさんの人がいる。
そして彼らは、その感謝の想いを常に抱き続けている。

ビジネス、
人生において、「熱い強い想い」「感謝」
この二つの言葉は、非常に大切なことだと感じずにはいられませんでした。

是非、オススメの本です。読んで感動を確認してみてください。
|

ビジネス本購入しました。

"ECサイト4モデル式 Google Analytics経営戦略 (ビジネスアスキー)"
 
 "ネット販売成功バイブル ガンガン売れる仕掛けの作り方55"
 
 "できる100ワザ Google Analytics 増補改訂版 SEO&SEMを強化する新・アクセス解析術"
 
  "これは「効く!」Web文章作成&編集術逆引きハンドブック"
 
計4冊。読むのに結構時間かかるかも??もう既にわかっているよう知識かもしれないのですが、ちょっとでもビジネスのヒントになればと思っています。

数万円もするセミナーに行って得る事もありますが、時間/費用を考えると本のほうが効率的かなと思っています。好きなときに、興味のある部分だけ抜粋して読むことが出来るメリットは大きいと感じています。もちろん、ネットも利用していますが、ネットだけには偏りたくないと思っています。

どの本も似たような事しか書いてないから・・・
もう知っているから・・・などなど

本を読まない人もいるとは思いますが、ちょっとよく読んでみると、同じ事柄についてでも著者によって少しづつですが違っているように思います。また、情報的に古い場合もありますが、数年前はこうだったなとか振り返るには良いと思っています。別の意味の知識アルバムみたいで。

たくさんの人と会う事によって、第3の目が開かれる・・・
同じように、本からも、
ネットからも、
TVからも、
ラジオからも、
同様のことが起きる。

すべての五感を磨いて、いろいろな事を吸収していくことが、私のクライアント様にとって有益に働くと思っています。
と言う事で、とりあえず、この4冊読破しなくては・・・。
頑張ろう!!

 

|

今、読んでいる本は、これです。
【従業員7人のつばめやが成功した/たった1年で5000万円売上げを伸ばす仕組み】

基本的なことが書かれているのですが、やっぱり実践した人は違うなと感じる部分が強く、きちんと実績に基づいて記載されている本です。そして、著者:高木芳紀さんの努力やアイデア、そして売上を上げる為の熱意には頭の下がる想いです。

言うのとやるのでは違う、
大企業のWEB利用と中小企業のWEB利用は違う、
同じツールなのに使う人によって効果が違う、
同じ本を読んでも人によって価値が違ってしまう。

この本は、中小でかつWEBに興味のある担当者がいる企業が購入すると、ものすごく価値のある本だと思います。

|

司馬遼太郎の【竜馬がゆく】ようやく第3巻に入りました。
1ヶ月で2冊くらいのペースです。でも自分的には、結構読みやすく、スムーズに進んでいる感じです(^_^)v

今までの感想ですが、竜馬の物事も考え方が一般人とはちょっと違う。視点が違うと言う事だと思うのですが。で、自分なりに最近はちょっとだけ視点を変える工夫をしています。

例えば、荒川サイクリングロードを走っていたときに、自分の前を自転車で年配に方々が塞いでいました。邪魔だなっ、イラッときましたが・・・これって、周りから見たら、先導してもらっているみたいに見えるなっと思ったらちょっと可笑しくなってきて、わざと自転車の後で走ってみました。後ろを振り返った方に、【先導してもらっているみたいで、ありがとうございます】【スターランナーになった気分です】って笑ってお話したら、先方も笑って【先導車が邪魔になっているね】【悪かったね】なんて言って、避けてくれました。

全然知らない方との交流ですが、とってもよい気分で、【有難うございます】【頑張んなさいよ】なんて声掛け合って別れました。

イラッとしたままだったら、無言でお互い素通りしていたし、あまり良い印象をお互い持たなかったと思います。でも、ちょっとだけ自分の視点を変えるだけで、いろんなことが楽しくなるのかなと感じています。

竜馬がゆく・・・読んで良かった。今、本の中では竜馬26歳、これから激動の5年が始まると思うと、楽しみです。

 

|

NHK大河ドラマ【龍馬伝】が放送されはじめました。

正直、日本史はあまり得意ではなく、歴史上の人物についても興味が薄い人生でした(苦笑)
で、坂本竜馬についてもそれほど詳しいわけでもなく、ミーハー的に福山雅治を見ようと思って大河ドラマを見ていたのですが・・・。

坂本竜馬について、熱く語る人の多いこと。特に大河ドラマが始ってから、【見た??】と聞いただけで、ものすごく坂本竜馬を尊敬しているようで、熱く語ってきます。しかも、私の認識力の無さに明らかに失望をしながら・・・。

なんか悔しくなってきてしまって、

今更ながらですが、司馬遼太郎の【竜馬がゆく】計八巻購入しました。

読み始めると、結構すんなりと読めます。(挫折しないようにと忠告を受けておりますが・・・)

でも、このことで思ったことがあります。【悔しさ】って大切なんだなと。悔しいと思ったPOWERが坂本竜馬を覚えるきっかけなったんですから。

やっぱり、人間は褒められて褒められて褒めちぎられて、伸びるのではないと思います。

叱咤激励されながら、伸びるのだと思います。時に厳しく、そして時に優しくされながら伸びるのではないのでしょうか??

【自分は褒められて伸びるタイプなので、宜しくお願いいたします】たまに面接でお会い致します(-_-;)

|

今読んでいる本です。

物事を正しく決めるって、結構難しいと思いませんか??

読みはじめで、いろいろな講義や講習会に参加しても全然スキルアップしていかない・・・
これは、毎回違うことをやるから。とのお話が。

確かにスケジュールに沿っていろいろな事を覚えようとして、結果何も得られないまま、参加したという実績だけが残る事は良くあります。

正しく決める力を身につけることは、

少数の技だけに集中して
身に付くまで繰り返す事

大事な事から【考え】【問いに答え】【実行できるように】



この本を読み終える時には、正しく決める力が身に付くかな(笑)

身に付くまで繰り返し出来るようがんばろうっと!!

|

今日は、群馬に出張でした。
片道、電車で2時間。ゆっくり読書が出来る環境です。

本棚から【組織を伸ばす人、潰す人】という本を選び、本日の1冊としました。以前にも読んでいるのですが、再度読み返そうかなと思って、手にした理由は、やっぱり人材活用で考え事をしているからなのかもしれません。

なかなか興味深い内容の本でした。
また、耳の痛いような内容もあり、思わず目を閉じて天井を仰ぎたくなりました。

今の景気状況の中で、会社にとって本当に大切な人財はだれか?ただの人材か、それとも人罪か?
仕事はみんな一生懸命やっていると思います。でも、その一生懸命さをマネーで評価されなければ、会社にとっては、ただの人材か、人罪になってしまいます。
このご時世だから、企業として生き残っていく為には、人罪を無くして、人材を減らして、人財を増やさなくてはいけません。

リーダーとして、社員の成長スイッチをいかにONにしてあげることが出来るか??
人財を増やせるか??

|

好きな作家がいます。浅田次郎さん、宮部みゆきさん・・・そして、重松清さん。

重松清さんとは年代が一緒なので、物語にすんなりと溶け込めることが出来、共感するところが多い作家さんです。

夏には、必ず戦争に関する本を読むようにしています。そして、今年はこの一冊を手に取りました。

最後の言葉 戦場に遺された二十四万字の届かなかった手紙

戦争の最前線で頑張った方々が、綴った日記がこの本の大半を占めています。そして、その日記を遺族に渡すドキュメンタリーを本にした感じです。

当時は南方に出兵した人は、死を待つ日を送るような日々。日本軍の援護も無く、孤立したジャングルにただ、ただ飢えと病と敵から身を守ることしか出来ずにいたそうです。

死を感じながら、日記を書く。そして、この日記は誰にも読まれる事は無いだろうと思いながら書く日記。遠い故郷に想いをはせながら、本心とは違う想いを書く日記。
自分以外の家族や恋人の幸せを願う事が、今の苦境下にある自分を支える唯一の想いだったのでは・・・。

涙が止まらなくなる本です。

そして、今、日本にいる遺族にとって、戦争で亡くなった実感が湧き上がってくる遺品。戦争で亡くなったことが、この日記に書かれている言葉によって、今、はじめて、ようやく感じられる。

この本の中に、【ただいま】を伝えたいと言う部分がありました。本当に長い間この言葉を言いたかった。そして【おかえり】と言いたかった。
そんな当たり前の言葉さえ、交わすことを許さなかった【戦争

戦争が終わって、64年。戦争を実体験で語れる方は、既に70歳以上です。私の祖父の兄弟にも南方で戦死した人がいます。もし、その祖父の兄弟の日記が残っていたら・・・・ありえないと思うけど、あったら読んでみたいと思います。

そしてその時、感じていたことを言葉を通して感じたいと思います。
また、このような日記が世界各国に保管されているのであれば、日本政府はコピーを回収するとかしても良いと思います。

|



今週は、電車での移動時間がかなりあったので、ゆっくり本が読めました。
購入しても読んでいない本がある中で、今回はこの本「そして、僕らは風になる
トップアスリートの格言本だと思って購入していたのですが、読んでみると、ストーリーになっていて、所々格言が挿入されています。

昔、陸上部、しかも、ラストはホノルルマラソン。この条件ですっかりストーリーに入り込む事が出来、感動してしまいました。泣けますね。

そして、今でも走っていて辛くなると思い出す言葉が浮かんできました。

「お前がキツイ時は、みんなもキツイんだ。だからキツイ今こそ頑張れ。今、頑張れば絶対に勝てる。自分に負けるな」

「常に自分自身を振り返ってみろ。もっと頑張れた自分がいないか??いたら、次はもっと頑張れるだろう」

これは、中学校の陸上部顧問の先生の言葉です。当時、この先生のことは、物凄く怖くって大嫌いでした。
でも、今思い出すと一番好きだったかもしれません。なんていっても、走る喜びと苦しみを教えてくれた人物ですから・・・。そして、今は大変感謝しています。ありがとうございます。

今は千葉県の中学校の校長先生になっているそうです。(両親からの情報ですが) 

|

気になったので、「幕末史」購入しました。(アマゾンで)

それでも歴史は繰り返す
歴史書を読んで、人は過去の偉人から学びます。また、反面教師として学ぶ事もあります。
でも、人は、また同じ事を繰り返します。

まだこの本は手元に届いていませんが、今から楽しみで待っています。

|

読んでみてください。

私は、「千房」が大好きになりました。
そして、この社長の元で働きたいと思いました。同じ時間を同じ目的の向かって歩みたいと・・・・。
今週末からホノルルに行きます。是非、ホノルルの「千房」に行きたいと思っています。きっと、混んでいるだろな・・・でも、行きたい、食べてみたいと思います。

できるやんか!

笑顔で言ってみたいですね。


|

会社の近くにある本屋がお気に入りです。
結構小さな入り口で、最初は本屋だとは気づかずに入ってしまいました。正面にはあまり本が置いてなく、雑貨ショップ風だったのです。
でも、中に入ると結構きちんとした本屋さんでした。

ここで、軽い驚きがありました。

そして、本に合わせて、いろいろなグッズが所狭しと置いてあるんです。インテリアの本の周りには、ちょっとおしゃれなマグカップやタオル、ポストカードなど。
そのほか、面白グッズかな?不思議なアイテムが本に挟まれてディスプレイされています。(もちろん売り物です)
思わず、本以外のグッズも買ってしまうような・・・・う~ん、商売上手ですね!!

今度は、感心してしまいました。

そして、センスが良い小物が置かれているんですよね、これが・・・。



結局、週に2~3回は通ってます。
そして今日は、取り寄せた本を受け取りに行ったのですが、カバーもちょっとかわいいですよね。

また、なんか覗いてみたくなるような不思議な本屋。
そして、不思議でも何でもいいからたくさんの人に来てほしいユーザー先のネットショップ!!(笑)
なんか、ヒントを貰えたような気がした・・・・。

カレンダー

モバイルサイト

ブレインアンドトラストからのHappy Blog BT
上記バーコードをケータイで読み取ってアクセスしてください。ケータイの機種によってはご覧になれない場合もございます事、ご了承願います。
 
 
株式会社ブレインアンドトラスト
ブレイン&トラストのブログオリジナルデザイン作成サービス
浅草橋の走る社長ぶろぐ
日本ビーチテニス協会 JBTA 公式サイト
Masa's Matter(社)日本ビーチテニス協会 会長 山田眞幹 公式ブログ
川崎光美のテニスブログ★Happy Tennis Diary★
サムライテニス MAYA'S TENNIS BLOG ~涌井真耶オフィシャルブログ~
熊倉美咲のKUMABLOG
林順和サーフブログ
竹島宏 オフィシャルブログ P64Diary