トップページ > 2011年4月

|
ここからが未知の距離への挑戦~

脚の筋肉はちょっと硬くなってきたけど、まだいける・・・
42.1キロお着替えした荷物をトラックに預け、また走り出す。
知り合いの応援団に挨拶をして、そのまま走り出す。良いペースで走っている人について走って行く。
途中、コーラやカルピスウォーターを頂く。
メチャ美味しい~

気づくとまた名物吉田うどんポイント(笑)
頂きました・・・今度は頭を使って??素うどんではなく、梅うどんにしてみました。来年は乾燥わかめを持参しよう・・・そんなことを考えていました。
縁石に座って、うどんを食べる。日常では考えられないワイルドさが許されるウルトラマラソン。
そしてここが50キロ。残りハーフ!!

この後の記憶は、ただただ走り続けた。湖の向こうにランナーの姿を探しては、あそこまで走るんだな。ちらほら見えるランナーの細い繋がりを確かめながら、1歩1歩走り続けました。
風は冷たくなってきた・・・富士山を探したが、ほぼ見ることは出来なかった。

気づいた時は、第④関門西湖公民館。
残り19キロ。大丈夫、まだ行ける。そして、時間内にゴールできるかも?
ここでもバナナ&お菓子を頂き、走り出す。



その後、62キロ地点のエイドで時計を見た。
2時間ある。残り10キロで2時間・・・胸が熱く、涙がこみ上げてきた。
まだ、ゴールまで10キロもあるのに、自分の中で時間内ゴールが確信できた瞬間、
いろんな感情がこみ上げてきて、嬉しいのか悲しいのか、達成感なのか・・・
ただ、なぜこんな場所で・・・ゴールじゃないのに・・・
涙が頬を流れる・・・走りながら・・・きっと人が見たら変だろう・・・
でも、抑えきれない感情から溢れる涙・・・・
ウルトラマラソン、スゴイ!!

最後のエイドステーション。
残り6キロ地点。
ここから4.5キロ上り坂。1.5キロ下り坂。
上り坂は歩こう・・・大丈夫。時間はまだある。歩こう・・・
ですが、この上り坂が長かった~ 歩いているから余計に長かった~
キレイな富士桜が咲いている。せっかく歩いているんだから、写真でも撮ろう~
同じく写真撮影をするランナー、そしてそんな余裕も無くなっているランナー
でも、この時間ここを歩いているランナーは、確実に時間内ゴールが出来るランナー。



きた~頂上・・・先に見えるランナーが走り出している。ようやく下り坂。
気持ちよく走りました~
そして、ゴールの競技場へ。
ゴールしたランナー、たくさんの応援の人、【お帰り~】コールの中、かすかに聞えたゼッケンナンバーと名前。
ゴールテープが張られる・・・ゴール~
メダルとタオルを頂き、ガッツポーズ!!

10時間13分38秒(制限時間まで残り46分22秒)
初のウルトラマラソン72.5キロの完走タイム!!


最後に、今回は初めてツイッターでつぶやきながら走り続けました。
途中でたくさんの応援メッセージを確認しながら、走り続けました。
そして、ツイッターで知り合ったラン友の現地応援。
本当に、本当に有り難かった、嬉しかった。
ツイッターをビジネスに活用するどころか自分の趣味に活用してしまった。
でも、これも利用の1つだと思う。

ウルトラマラソン挑戦してよかった。完走できて本当に良かった。
時間が経つほど、じわじわと喜びが湧いてくる。
フルマラソンには無い、この感情はどこから湧いてくるんだろうか??
そして、本当に私は72キロ走ったのだろうか??
不思議な感覚は、しばらく続くのだろうか・・・

|
2011年4月30日(土) 快晴
ですが・・・河口湖付近は予想していたよりだいぶ寒い。今日は気温が上がるとこと。ウェアは半袖にアームウォーマ。途中で着替えるときも同じスタイルを用意しました。
ホテルから目の前に見える富士山に祈るような想いを込めて、手を合わせる。そして、既に走り始めている112キロ/100キロ参加ランナーを思いながら会場へ。



会場到着後は、慌しく途中の着替えポイント用の荷物とゴール後の荷物を預け、スタート地点へ。
スタート前に給食が用意されていて、ウルトラマラソンなんだと実感。さっきホテルで朝ごはんを食べてきたのに・・・・バナナなどを頂きました。(本当に走れるんだろうか??)
ゴール地点の時計は既に走っているランナーの時を刻んでいる・・・もちろん私たちの時計だけはまだ動いていない。
既には3時間以上走っているランナーがいる。
そしてゴールは同じ時刻。まだまだだな・・・なんとなくそう思ってしまった。自分甘いな。

そして、絶対時間以内にゴールしたい!改めて、この瞬間に感じました。



大会スタート前に、東日本大震災に祈りを込めて黙祷。
富士山に雲がかかっている時は、風が強く吹く・・・主催者の坂本さんからのアドバイス(実際、湖畔では風を強く感じる時もありました)



そして、8:00スタート。歓声の中、ゆったりとスタート。先は長い、焦らずペースを保つ。怪我はしない。必ずゴールする。いろんなことを考えながら、競技場からロードへ。
ロードに出て、すぐに応援団に会うことが出来ました・・・最高に嬉しかった。まだスタートしたばっかりなのに、心細さが一気に吹き飛んだ感じでした。

最初の下り坂をゆったりと走る。周りでもだいぶおしゃべりの声が聞えて、みんな楽しんで走っているようです。
112キロ/100キロランナーとの合流地点。ランナーがだいぶ増え、幹線道路では車の往来が激しい。歩道を走るけど、足元がだいぶ危ない。ゆっくり転ばないように、そして112キロ/100キロランナーの邪魔にならないように走り続けました。ここの箇所では、信号機で止まることが多く、ランナー同士お話が出来ました。元気に話す100キロランナー・・・私より20キロ以上多く走っているのに、元気でした。凄すぎです(笑)

ここで早くもおにぎり休憩。ものすごく美味しかった~ ノリコのおにぎり なぜノリコかは分かりませんが・・・ノリコのおにぎりでした。



そして、驚いたのは、ランナーが普通にコンビニに寄ったり、自販でジュース買ったりしていたこと。今までのハーフやフルで見たことが無かった光景でした。ウェストポーチにお金入れておけばよかった・・・ちょっと後悔しました。

気づいたらおしゃべりの声は無くなり、鶯の鳴声と湖の波の音、ランナーの足音だけが、静かに聞えてくる状況になってきました。



ゆっくり走って、エイドをフル活用。

公式エイドの他にもボランティアエイドもあり、楽しく走って、あっという間に第一関門(23.9キロ)丁度3時間くらい。この関門は上り坂の途中にあります。ちょっと苦しくなってきたけど・・・ここからが本番。気合を入れて走り出す。

しかし・・次のエイド(30.3キロ)は名物吉田うどん。食べてしまいました・・・。本当によく食べてる(笑)
うどんを食べて、また走る。エイドがまたくる。また食べる、また走る。気づくとお着替えエイドポイント(42.1キロ)



コースの把握も出来ていないまま、走る人の後を追って、ついにフルマラソン走ってしまった。気づかないうちにフルマラソン完走~って実感はない。まだ大丈夫、いけるかも!!

そして、このエイドポイントがほとんど休憩所。
お着替えして、エイドを物色(笑)
めちゃめちゃ甘いホットレモンティーを頂きましたが、熱過ぎてなかなか飲めず。バナナ&ゼリーを頂き、ランナー仲間と合流出来て、しばし談笑。

まだみんな大丈夫だ!!
お互いのペースがあるので、それぞれ別々に走り出す。
ここからが未知への距離のスタート。頑張れ~

その②に続く・・・ ウルトラは長い(笑)
|
21tsチャレンジ富士五湖72キロ(ビギナーの部)!!
今回は本当の意味で走る事へのチャレンジでした。今まで生きてきた中で、最長となる距離、未知への挑戦。

確かに世の中には、超長距離を走る人がいることは知っています。そして、その人達が決して才能的に恵まれた一部の選ばれた人ではなく、日々走り、健康管理を怠らず、努力し続けている人達だって事も。

そして興味を持ち始めて、3年。ようやくチャレンジする勇気が出たのは、昨年のホノルルマラソンで4時間半のタイムが出たからでした。
本当は、2010年の20回記念大会としてのチャレンジ富士五湖に参加したかった・・・
でも、自分の中で踏ん切りがつかず・・・なので、今年は途中でリタイヤになってもいいから参加しようと思いました。
ウルトラマラソンを走りきるには、月間200キロ以上の練習量が必要になります。しかしながら、年明けからの月間距離は100~150キロ程度。完璧に足りない。

そんな中、とっても安心したアドバイスがありました。

【とりあえず50キロ走ろう。そうしたら残りハーフ。50キロを7時間以内で走りきれたら、歩いてでも残りハーフ4時間で行けるでしょう】

この言葉は、ものすごく勇気づけられました。
漠然とした不安感からうまく抜けれた感じでした。
そうか、50キロ+ハーフか~

そして、今日、久しぶりに、情緒不安定になりながら、スタート前日を迎えました。

今年は東日本震災チャリティ企画に賛同する形での開催となりました。




いよいよ明日。
生まれて初めて走る超長距離への不安&期待。ドキドキ&ワクワク。
早めに寝て、明日は、5時起床。8時スタート。
|
FaceBook(フェイスブック)SEOなるものが出てきました。
日本でのFaceBook(フェイスブック)ユーザー数はまだ少ないと言われている中で、早くもSEO。

でも、よく話を聞くと、公式サイトのサブサイトのイメージ。FaceBook(フェイスブック)ファンサイトの検索順位を上げ、公式サイトに呼び込む。そこで、集客を上げるという手法。

確かに有効的ではありますが、現状この施策をする費用を考えると・・・・
今のところは検討する土台に上がっていない感じです。

多分、もう少し、秋頃になるともっと価格帯が下がってくるのではないのでしょうか??

とはいえ、このツールを活用する事は、とっても良いことだと思っています。
今までにないプロモーション活動が出来る可能性は大。

しかしながら、私もまだまだ勉強中なので、あまりお客様にはお勧めできておりません。(反省しております)
今月からGWにかけて一生懸命勉強して、早くお客様にきちんとお勧めできるよう頑張ります。

もうしばらく待ちくださいませ<(_ _)>
|
4月になってから、ツイッタービジネスについてのお問合せが数件きました。

3.11震災で一躍脚光を浴び、いまやTVや公的な情報発信まで担うツールとなっております。

昨年からマーケティングや口コミなどのビジネスツールとしてツイッターをご提案してきたのですが、なかなか反応が悪く、最近ではあまりオススメしていなかったのですが(^_^;)

テレビやラジオ・・・マスコミの力はやっぱりスゴイですね。
数日間の間にビジネスツールとしての地位を与えてしまうのですから。

しかしながら、ただツイッターを利用したいとの想いが強く、何が目的なのか、ツイッターの利用の仕方も分からない場合が大半です。

まずは、目的をはっきりさせる。
アカウントを取得しただけではNGということを認識する。

このことを社内できちんと認識してから始めましょうと・・・・
始めてから、数週間で爆発的な何かが起こることが低い事も(笑)

ネットビジネスもしくはツールは、夢物語のように語られる場合が多いのですが、
どんな場合も地道な努力が必要だということ。

ただ、きちんと利用すれば、こんなに有効で安価なビジネスツールは存在しない事もしっかり解ってほしいと思っています。

ツイッタービジネス・・・今後は化ける可能性が大!
まだまだ新規参入が出来うる市場かつちょっと手間がかかるツールなので。
|

エントリーフォームの最適化を考えて、辿りついたフォーム。

【ポジティブフォーム】

https://www.bandt.co.jp/inquiry/contact-form.html

弊社のお問合せフォームも対応いたしましたので、ご確認ください。

入力し始めると、何か感じませんか??

入力が楽しくなる工夫がお判りになりましたでしょうか??

フォーム入力ほどつまらない作業は無いといわれておりますが・・・
こんなフォームだったら・・・如何でしょうか??

入力フォームでの離脱率が高いと思われているWEB担当者様、是非ご相談くださいませ!!

カレンダー

モバイルサイト

ブレインアンドトラストからのHappy Blog BT
上記バーコードをケータイで読み取ってアクセスしてください。ケータイの機種によってはご覧になれない場合もございます事、ご了承願います。
 
 
株式会社ブレインアンドトラスト
ブレイン&トラストのブログオリジナルデザイン作成サービス
浅草橋の走る社長ぶろぐ
日本ビーチテニス協会 JBTA 公式サイト
Masa's Matter(社)日本ビーチテニス協会 会長 山田眞幹 公式ブログ
川崎光美のテニスブログ★Happy Tennis Diary★
サムライテニス MAYA'S TENNIS BLOG ~涌井真耶オフィシャルブログ~
熊倉美咲のKUMABLOG
林順和サーフブログ
竹島宏 オフィシャルブログ P64Diary